Top > 白髪染め > Henna(ヘナ)との出会い

Henna(ヘナ)との出会い

子供の頃から白髪がある私、30歳になる頃には、もうすっかり白髪が目立ち、悩みのタネでした。簡単、お手軽をうたう部分染めの製品を買って使って見たことはあったのですが、あまりの頭皮への刺激に耐えられず、断念。その後、ヘアマニキュアでなんとか間に合わせようとしましたが、ヘアマニキュアの類は白髪との相性が悪く、あまり定着せず効果がなく、諦めておりました。そんな時、近所の美容師さんに教えてもらったのが、ヘナでした。植物由来の原料から作られるヘナは、インドなどで古くから使われ、本来は茶褐色です。これをお湯で練るようにしてペーストを作り、それを髪の毛につけて、結構化学染料よりは長い間放置する(待つ)必要があります。しかし、肌に刺激もなく、髪の為になるコーティング作用もあり、施術後の髪はサラサラストレートっぽくなります。日本の美容院では、手間がかかるので、やっているところも限られています。自分で染められる器用な方もいらっしゃいますが、私は自分ではうまくできないので、もう10年以上毎月美容院に通ってこれをやってもらうことを続けています。

メンズビゲン ワンタッチカラーの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

白髪染め

関連エントリー
Henna(ヘナ)との出会い